ドロップシッピングとは

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ドロップシッピングとは
LINEで送る
Pocket

ドロップシッピングという語句が流行っていますが、わかりやすい解説がないので図解で説明します。
・一般の小売り
・アフィリエイト
・ドロップシッピング
を比較して説明します。

1.一般の小売り
今までの小売店は、卸から商品を仕入れて販売していた。小売店はWebでも実店舗でもこのモデルである。
利点
実世界での店舗の資源を利用できる。
欠点
商品の仕入れや、発送の手続きがあり、本業とは関係のないところで人件費が発生してしまう。
一般小売り

2.アフィリエイト
アフィリエイターは自分のWebサイトなどに本サイトへの広告を貼り付けることに収益をえる。手軽な反面、自分のウェブサイトから購入につながっても少額のお金しか手に入らない。
利点
アフィリエイターは手軽に始められる。商品管理や発送などの手続きは一切なし。
小売店にとっては販売窓口が広がる。
欠点
アフィリエイターは少額のお金以外得られるものが無い。小売店は、アフィリエイターへ紹介費用を払わなければならく、1商品あたりの一般の小売店より少なくなる。
アフィリエイト

3.ドロップシッピング
ドロップシッピングとは小売店が物品の発送をするのではなく、物品の保管・発送を外注するというイメージ。小売店は商品の発送を卸や製造会社へ指示するだけで、それらから直接顧客へ商品が届く。このように上階層から品物が落ちてきている概念図になるため、ドロップシッピングと呼ばれる。

利点
小売店は商品の発送をする必要が無く、在庫を持たなくてよい。そのため、初期投資額が少なくお店を開ける。小売店は、顧客管理やマーケティングなどの売り上げに直結する業務に専念できる。
欠点
製造業、卸売業が発送業務を行うことになる。

解説などに間違いがあったら教えてください。

ドロップシッピング

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ドロップシッピングとは
LINEで送る
Pocket

matsubokkuri

Please feel free to contact me via e-mail, twitter and facebook!

あわせて読みたい

コメントを残す