8.ドライバー

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 8.ドライバー
LINEで送る
Pocket

アイアンと打ち方は基本的には同じ。
違うところは、スイング軌道。
アイアンはアップライトなのに対し、フラットでアッパーブローで打つ。

ボールの位置が非常に需要。
スタンスは、ボールの正面で直立し、左足のつま先を30~45度開く。
その後、右足を開く。スタンスは肩幅ぐらい。
右足は必ずスクエアにする。
グリップは軽く握る。

ドライバーの時の体重のかけ方は
右に60,左に40。

ドライバーショットは、アドレスの時に肩が開きやすくなってしまう。
アドレスの時にグリップの延長戦がズボンのジッパーに来るようにする。

インパクトの時にしっかりと頭を残す。
ダウンスイングで重要なのはクラブが右肩の下を通る。

PGAではヘッドスピードに応じてロフトの角度を算出している。

ヘッドスピード(m/s) ロフト(度)
30以下 16以上
30~35 12~15
35~40 11~12
40~45 10~11
45以上 10以下

上達方法
 セットアップ時に、リストコックを使って30cmぐらいクラブを浮かせ、そのままバックスイングすると、フラットなスイング軌道を描ける。
 ボールを打つ前に、ティーを打つ練習をする。

トップのミスショットはOKだけど、ダフリはアップライトになっているため良くない。

フラットな軌道で打つと、ボールもフラットに打てる。アップライトからボールを打ち込むと、上に上がってしまう。

テンプラしたときに、ティーの高さを下げてはいけない。テンプラはアップライトにバックスイングしているから。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 8.ドライバー
LINEで送る
Pocket

matsubokkuri

Please feel free to contact me via e-mail, twitter and facebook!

あわせて読みたい

コメントを残す