RPM <-> dpkg 変換表

あなたは、rpm派?dpkg派?私は断然dpkg派。

rpmとdpkgの違い

削除
rpmパッケージを削除すると、設定ファイルも同時に消える。または、.backとか.rpmとかいう拡張子が付いた設定ファイルが残る。
それに対し、dpkgは設定を残すか残さないかをアンインストール時のオプションで指定できる。

追加・削除

RPMyumdpkgaptitude説明
rpm -ivh foo.rpmyum install foo.rpmdpkg -i foo.rpmaptitude install foo.rpmインストール
rpm -Uvh foo.rpm   アップグレード
rpm -e fooyum remove foodpkg -r foo(設定ファイル残す)
dpkg -P foo(設定ファイル消す)
aptitude remove fooアンインストール
 yum upgrade aptitude upgrade全パッケージアップグレード

情報表示

RPMdpkg説明
rpm -qadpkg -lインストール済みのパッケージ一覧出力
rpm -ql foodpkg -L fooインストール済みのパッケージ foo に含まれるファイル一覧
rpm -qf /path/to/filedpkg -S /path/to/fileファイル /path/to/file をインストールしたパッケージ
rpm -qip foo.rpmdpkg -I foo.debパッケージ情報
rpm -qlp foo.rpmdpkg -c foo.debパッケージ内のファイル一覧
rpm -qi packagenamedpkg -s packagenameインストールパッケージの情報表示

他に便利なコマンドあったら教えてください。

コメントを残す