コマンドラインで集合演算

Retention Rateの計算ってめんどくさいですよね。
自分でプログラム書いてもいいけど、メモリ食うからちゃんと書かないといけないから、長くなっちゃうし。
Map Reduce使えばすぐだけど、そんなの手元にない場合が多いよね。

前提

A={1,2,3}
B={3,4,5}

A∩B

% cat A B | sort | uniq -d
3

A∪B

% cat A B | sort | uniq
1
2
3
4
5

A∪B – A∩B

% cat A B | sort | uniq -u
1
2
4
5

matsubokkuri

マインディアにてCTOをしています。

あわせて読みたい

コメントを残す