SPIKE REST APIで受注管理をしてみる

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - SPIKE REST APIで受注管理をしてみる
LINEで送る
Pocket

背景

  • Payment Advent Calendar 12月9日分
  • 今日までは、クレジットカードに対して課金を行ったので、行った課金の管理を行います。

概要

  • REST APIを使って、課金を管理します。
  • 管理するオペレーションは、仮売上の実売上、実売上キャンセル、仮売上キャンセルの3つ。
  • サンドボックスでテストしてみます。

デモ

1ページ目

  • こんな感じで受注一覧が表示されます。
  • 今回はデモのため、ページングを行っていません。
    • そろそろModelとViewを分離しないと、コードを書くのが辛くなってきました。

SPIKE REST API charges

2ページ目

  • 以下のような結果表示が出たら成功です。

SPIKE API Result

  • 決済部分の主要コードは以下のようになります。
  • Viewとロジックが入り乱れてしまってすいません。

まとめ

  • SPIKEのREST APIを作って、Webhookの受信ページを作ってみました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - SPIKE REST APIで受注管理をしてみる
LINEで送る
Pocket

matsubokkuri

Please feel free to contact me via e-mail, twitter and facebook!

あわせて読みたい

コメントを残す