並列に、再帰的に、EXIF情報を消すコマンド

ImageMagickのmogrifyコマンドをつかいます。mogrifyコマンドは、元のファイルを変更して上書き保存します。

たとえば、カレントディレクトリ以下のjpgファイルから、EXIF情報を消す。
しかも、4並列で行う場合。

% find . | grep ".jpe\?g$" | xargs -t -n 10 -P 4 mogrify -strip

core i7の8コアで処理した場合は、CPUがこんな感じで使われます。

htop

クイックにやるなら、以下の方法でも可能。

zshの場合。1プロセス。ファイル制限あり。

% mogrify -strip **/*.jpg

matsubokkuri

マインディアにてCTOをしています。

あわせて読みたい

コメントを残す