15分でNew Relicを用いてMac OS Xを監視する設定

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 15分でNew Relicを用いてMac OS Xを監視する設定
LINEで送る
Pocket

概要

  • New Relic Advent Calendar 2015の12月11日分です。
  • NewRelicで、Mac OS Xのリソースモニタリングを行います。
  • 公式には対応していないので、サードパーティが公開しているプラグイン、newrelic-unix-pluginを利用します。
  • このblogはMac OS X 10.10で動いています。(10.11にはまだ怖いので上げられない)
    • 世にも珍しい普通のMac OS X(Serverではない)が当時フルスペックのMac Miniで動いています。
    • 場所を取らなくて良いですが、月に何回かハングアップします。。。。
    • Mac OSのマイナーバージョンアップの度に、とても大変なアップグレード作業があります。

セットアップ

一応注意:動作要件として、javaが必要になります。

適当なディレクトリで、最新のファイルをダウンロードして展開します。

config/newrelic.jsonファイルを開いて、ライセンスキーを上書き保存します。

pluginctl.shファイルを開いて、上の方にある設定を必要に応じて変更します。

デフォルトのインストール先ディレクトリが、
/opt/newrelic/newrelic_unix_plugin推奨しているようなので、ディレクトリごと移動します。

rootで起動します。

1分後ぐらいに、newrelicで見られるようになります。
一応、起動直後はlogディレクトリにあるファイルにエラーが無いかを確認します。

スクリーンショット

Overview

new relic overview

CPU

new relic CPU

Disks

  • ちゃんとデータが取得出来ていない。桁数も違う。

new relic Disk

Memory

new relic  memory

Network

new relic network

Processes

new relic  processes

VM Totals

new relic  vm totals

余談

ちょっとスタートアップスクリプトにエラーがあったので、PR送りました。→mergeされました

まとめ

  • UNIX用プラグインを使って、Mac OS XをNewrelicで監視しました。
  • 設定ファイルや、インストーラがない点、Javaで動いている点など、色々突っ込みどころはありますが、温かい目で見守っていきましょう。
  • スタートアップスクリプト書かないと。。。
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 15分でNew Relicを用いてMac OS Xを監視する設定
LINEで送る
Pocket

matsubokkuri

Please feel free to contact me via e-mail, twitter and facebook!

あわせて読みたい

コメントを残す