SPIKE REST APIのWebhookを受信してみる

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - SPIKE REST APIのWebhookを受信してみる
LINEで送る
Pocket

背景

  • Payment Advent Calendar 12月10日分
  • Webhookにて、サーバサイドで決済情報に変更があった場合の通知を受け取ってみます。
  • Webhookの利用頻度は少ないのですが、決済ゲートウェイ側でチャージバックや、やむを得ないキャンセルが行われた場合、マーチャントで保持している決済情報を同期を取るために重要になります。

概要

  • Webhook受信プログラムを書きます
  • Webhookで受信したデータを表示します。
  • Webhookのシーケンスはこんな感じになります。

webhook seequence diagram

デモ

1ページ目

  • 説明とともに、前回受信したWebhookの内容が表示されています。

spike webhook

エンドポイントのURLをSPIKEのWebhook管理ページ上で登録します。

今回のでもプログラムの場合のエンドポイントURLはこちらになります:
https://matsu.teraren.com/spike-api-demo-php/webhook/endpoint.php
または
https://matsu.teraren.com/spike-api-demo-php/webhook/endpoint.php

SPIKE webhook管理ページ

登録したら、テストのためにPINGを送ってみます。

webhook ping

以下のように、表示されたないようが変われば、正常にデータを受信できています。

spike webhook

Webhookで送られてくるデータは、送信元を保障するために、秘密鍵を利用したチェックサムなどを含んでいます。
ちょっと面倒ですが、サンプルプログラムのように送信元の検証をしっかりしましょう。

まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - SPIKE REST APIのWebhookを受信してみる
LINEで送る
Pocket

matsubokkuri

Please feel free to contact me via e-mail, twitter and facebook!

あわせて読みたい

コメントを残す