Bose QuietComfort 35が予想以上に良い!

概要

  • audio-technica QuietPoint ATH-ANC9からの乗り換えです。
  • かれこれ9年間、仕事中はノイズキャンセリングヘッドフォンを使って音楽を聴いています。今回で4機目。
  • 言いたいことは、これは買い!

ATH-ANC9が駄目な理由

  • イヤーパッドを毎年買い換えるので、3000円かかる。
  • 単4電池で稼働しているのですが、電池が切れた瞬間「ぶちっ」って大きな音が鳴るのでびっくりする。
  • 電池を取り出して、入れ替えて、再度入れる操作がめんどくさい。1日1回か2回必要。
  • コードが邪魔!足とか手に引っかかって机から落ちる。これで1回折れて1万円出して交換になった。

開封の儀

  • パッケージはこんな感じ。
  • いかんせん高いので、大事に扱う。
  • アプリでファームウェアのアップデートなどが出来る。

2ヶ月使ったレビュー

良い点

  • 軽いのは良い。ヘッドフォンを長時間使っていると、頭との接地部が痛くなってきたりするので、軽さは超重要!長時間付けていても頭が痛くなくならなくなった。
  • 電池が超長持ち!
  • ワイヤレスは最高!
  • 冬、外に付けていくと耳当てになって暖かい。
  • iPhoneとペアリングしておけば、電話が来たらワンタッチで会話出来るので、凄い楽!(っていうか、iPhone7は便利!早く買い換えれば良かった)
  • 音質が、ATH-ANC9に比べて多少良くなった。前のも高いので、あんまり変わらない。
  • 昔は環境音の音声はキャンセリングしなかった仕様だったけど、今はキャンセリングしてくれるみたい。

悪い点

  • Macとの接続が不安定になる時がある。0.5秒ごとに無音が発生する感じ。Mac側が悪い可能性が高いけど、検証が難しい。

結論

  • 高いけど、買って良かった。色々時間節約になった!
  • SONYのMDR-1000Xもちょっと惹かれたけど、Amazonのレビュー数が十分の一くらいしか無いので、止めた。

追記

2018/12/1 2年経過してイヤーパッドが壊れてきた。

3rdパーティの品物は品質が高くないので1〜3年に1回ペースで、イヤーパッドを交換していく感じになりました。

3件のフィードバック

  1. haneda より:

    同梱されている機内接続プラグがあるのですが、anaの787便では使えないのがちょっと痛いかも。

haneda へ返信する コメントをキャンセル