エンジニア不足を解消するソリューションを考えてみた


結論

ソースコードをオープンソースにして、全世界のエンジニアがコミット出来る状態にすればいいんじゃね?

以下に説明を書く。

背景・問題

  • 最近、「エンジニアが足りない!」「エンジニアの単価が上昇していて辛い」といった、エンジニアの採用に関する問題を聞く。
  • しかしながら、エンジニアの採用はミクロな問題と考える。本質は、ビジネスゴールはプロダクトをリリースすること。
  • そのためにエンジニアを採用し、開発を行うのが主流になっているのが現況。

目的

  • ビジネス目標達成のために、システムの開発、運用を安価にスピーディーに行う。

アプローチ

  • エンジニアが自社プロダクトを開発するまでのフローを、ファネルで考えると以下のようになる。
    • 全世界のエンジニア >>>>>>>>>>>>>>>>>> 要望にマッチ >>>>>>>> 転職可能 >>>>> 採用 >> パフォーマンスを発揮する
  • 最初の取りこぼしが大きい。じゃあ、まずは全世界のエンジニアがコミット出来る状態にするのがスタートと考える。
  • 働き方改革とも言えるが、どちらかというとアイディアによる働かせ方改革。

方法

  • ソースコードをPublicにする
  • 課題管理はIssue機能を使う。
    • 要望、bugfix、機能開発、技術的な質問、戦略コンサルティング。
    • ソースコードはPull-requestで納品
    • 技術的な質問は回答が行われたら報酬を付与。
  • 報酬
    • Issue毎に報酬金額を設定する。
    • 付与タイミング
    • 1つのissueあたりの金額設定
    • 売上連動のレベニューシェア。
  • 報酬の受け取り
    • pull-requestがmergeされたタイミングで検収とみなす。
    • 報酬は、日本円、外貨、仮想通貨、ウォレットなどで受け取れるようにする。

ユースケース図にすると以下のようなモデル。

評価

メリット

  • Issueやドキュメントを英語で書けば、海外の安い単価のエンジニアを呼び込めるので単価が下がる
  • 透明性が高い
    • 公平なプライシング。
    • 中間業者によるコストは無し
    • C2C
  • Githubの費用が無料。(Private Repositoryでは無いので)
  • 英語でドキュメントを書けばオフショア開発を出来る
  • サーバサイド、アプリ、デザイナを同一の方法でマネージ出来る。

デメリット

  • ソースコードを公開するという心理的障壁がある。
  • 第三者にまねされるリスクがある。(特許であらかじめ押さえるとかが必要)
  • セキュリティホールがあったら、悪用されてしまう。(逆に見つけてもらえるかも知れない)
  • 報酬管理をする必要がある。
    • githubにはAPIがあるので報酬振り込み用のプログラムを書けば自動化できる。
  • 案件のディスカバリ、マッチングの方法
    • 広告打つ
    • アフィリエイトの運用を作る。
  • ローカルで開発環境を簡単に再現できる必要あり。

他にも考えないといけないこと

  • 著作権周りの権利ルール設定。
  • 適用出来そうなプロダクト
    • マッチしそう:コンシューマ向けサービス。(Togetterとか、mercariとか。世の中のほとんどのプロダクトに適用出来そう)
    • マッチしなさそう:期限が厳しいプロダクト。

応用

  • このような目的で作られたgithubのrepositoryのissueをまとめるようなサイトを作る。
    • 金額、報酬、納期、仕様テクノロジーなどでソートやフィルタが出来るようにする。
    • アフィリエイターの立ち位置
  • アイディアが面白ければ、資金調達も可能になるはず。

参考事例

  • IssueHunt
    • GithubのIssueに対してFund raiseを行えるサービス。
  • BoostIo/Boostnote
    • IssueHuntをうまく利用して開発を進めているサービス。1つのissueに対して$20が相場。

まとめ

  • プロダクト担当者が勇気を振り絞れば、ワークするかも知れない。
  • まねされても痛手にならないようなプロダクトの開発に使えそう。

matsubokkuri

Please feel free to contact me via e-mail, twitter and facebook!

あわせて読みたい

コメントを残す