3香港のeSIMをマカオ、香港、中国、日本で使ってみた

eSIM

概要

事前調査

  • ハードウェアはeSIMに対応しているけど、eSIMに対応しているキャリアがそもそも世界的に見てほとんど無い。
  • アップル出しているのeSIM対応キャリア一覧にはたくさん載っていますが、実際に提供しているキャリアはほんの一部。
  • 3香港というキャリアが世界初の様子。偶然にも今回旅行へ行く国のキャリア。

3香港のeSIMサービス内容

  • 音声
    • 20か国以上ローミング出来ます
      • China, Macau, Taiwan, Japan, South Korea, Singapore, Malaysia, Thailand, Philippines, Vietnam, Australia, USA, Canada, United Kingdom, Italy, Sweden, Ireland, Denmark, Austria, France
    • 10日分のデータローミング付き。1日の利用通信量は無制限。複数都市に行ったとしても1日とカウントされる。
    • eSIMの音声通話はeSIMを有効化してから180日以内
    • 30日分の香港の固定電話と携帯電話への無料発信、受信 (アクティベートしてから127359#を押す)
  • データ通信
    • eSIMを有効化してから90日以内に利用する必要あり。
    • テザリング可能
  • オンラインで購入可能
  • 気になるお値段は、138 香港ドル => 1,927円

購入からアクティベーション

  • 用意する物はクレジットカードだけ。
  • 買ってからアクティベーションするまでは、時間が空いても大丈夫なので、海外に行く前に買うのが良いです。
  • このページにアクセスして、”Buy Now”を押します。
  • 適当に、必要情報を入力します。
  • 対応言語は英語と中国語のみ。
  • 簡単に買えました。
  • 購入が完了すると、購入時に入力したメールアドレスへQRコードが送られてきます。
  • このQRコードを読み込むだけでeSIMを登録出来てしまいます。
  • eSIMを使う端末でQRコードを表示して読み込むことは出来ないので、2台必要になる。
  • 友人にQRコードを送ってもよいけど、このQRコードだけでeSIMを使えてしまうのでセキュリティ的に微妙
  • メールの下の方には、eSIMに登録するための手順が書いてあります。
  • これの通りにやれば簡単に登録出来ました。
  • では、登録してみます。iPhoneの言語設定が英語になっているのでスクリーンショットは英語です。
  • 設定 -> モバイル通信 あたりのメニューで真ん中の”Add Cellular Plan”を押します。
  • そうすると、QRコードリーダーが立ち上がるので読み込みます。
  • 確認画面が表示されます
  • 自分で、キャリアの名前を付けられます。
  • スクリーンショットの表示はデフォルト。
  • SIMが2枚入っている状態なので、通話するときにどちらをデフォルトにするか聞かれます。
  • 電話アプリで、都度キャリアは選べるので、お好みに応じて。
  • データ通信も同様に。
  • 登録し終わった後に、eSIMの設定を見たスクリーンショット。日本で撮ったので日本のキャリアになっています。
  • 日本だと、以下のように表示されます。ドコモにローミングされている模様。
  • SIMを登録したら以下のようなSMSが送られてきます。
  • 使い方とか、残りの日にちの確認方法が記載されています。でも、実際には使えなかったのでよくわかりません。
  • $58 HKD分のクレジットが付与されたとかかいてあったりと、事前情報と違う点があったりしてよくわからないかんじです。
  • eSIMのデータ通信設定において、「データローミング」は有効にする必要が有ります。これが無いと通信が出来ませんでした。
  • 普通、メインのSIMで「データローミング」をオンにすると日本のキャリアから海外ローミングの請求が来ることになり、怖いイメージがありますが大丈夫かと思います。
  • 一応、eSIMは1度の買い切りなので、キャリアにクレジットカード番号が登録されているので、追加請求が来たら怖いけど。

実際にデータ通信を利用してみると

  • 香港:使える(データ通信が不安定)
  • 深圳:たまに使える。使えたり使えなかったり。そもそも中国だからグレートファイアウォールで弾かれているのかよくわからない。
  • マカオ:使える。(データ通信が不安定)
  • 日本:使える(データ通信の接続元が中国になった)
  • 音声通話は使えませんでした。理由は不明。

まとめ

  • まだ実用するには厳しい。
  • 安くeSIMを試せるので使ってみても良いかも。
  • 今後はeSIMが主流になると思います。わざわざ海外へ行くときにモバイルWiFiを借りなくても良くなりそう。

matsubokkuri

マインディアにてCTOをしています。

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2019/7/5 金曜日

    […] ヨーロッパ(スロベニア、クロアチア、ハンガリー)へ旅行に行ったので、前回の香港でのeSIMの利用に引き続き、eSIMを使ってみました。 […]

コメントを残す