AMIのredashでPythonをデータソースとして追加する

弊社のスーパーインターンのご所望により。

設定方法は以下。(このあたりを参考にしました)

コピペで行けるはずなのですが、一応1行1行実行するのが安全です。redashのバージョンは最新のv8.0.0です。

sudo -s
cd /opt/redash
echo 'REDASH_ADDITIONAL_QUERY_RUNNERS=redash.query_runner.python' >> env
docker-compose restart

上記の設定後、Data Sourceとして追加します。

Pythonのバージョンは

% docker exec -it redash_server_1 bash
redash@b7b972738c0f:/app$ python --version
Python 2.7.16

コメントを残す