KDDIのホームゲートウェイの機能が少ない

NEC製 ATERM-875AE1。外箱はおしゃれだけど、中身は低機能。

DHCPサーバの割当アドレスの数が最大64!65と指定すると「入力範囲外」と表示されて設定できません。

DHCP関連のパラメータも全然設定できない。

パケットフィルタや静的NATの設定もとてもやりづらい。。。。

そして、機器自体の発熱が多い!

説明書には、前後左右に排熱用にマージンを開けろと書いてあったので、怪しいなぁと思っていたら案の定、設置したらトラフィックが殆どないのに発熱しまくり。筐体自体が50度ぐらいになってます。夏が心配です。

ハードウェアはこれかな。https://www.au.com/support/service/internet/guide/modem/gateway-05/

追記:ルーティングが変

LANで公開しているサーバにアクセスしたら、TSLの証明書エラーが出ました。”kantan.setuzoku.example.com”というホスト名に対して発行された証明書が返答された模様。

一度、携帯キャリアの回線でテザリングをして、再度LANに接続したら正常に戻りました。

Tweet元のアカウントが凍結されているけど、同じ報告を発見

おそらく、ルーター内部の静的IPマスカレード周りの実装が変になっている様子。。。

NECルーターは10年前にも一定時間でハングアップするという問題があってとてもストレスたまりました。

コメントを残す