Fujitsu PRIMERGY TX1310 M3にOSインストール断念

色々試行したけどトライアンドエラーに時間がかかるから諦めました。

NAS兼、自宅サーバを作りたかったのですが、別の方法を考えます。家にPCがあっても邪魔ということもわかりましたし。家と言ってNASは無駄にエンコーダーが乗っていたりして高い。

結構、文献は読んだけどイマイチわからず。タブが大量にあり、閉じると二度とたどり着けないかもしれないからブラウザを落とせない日々が続きました。

「ディスクをダウンロード、焼く、BIOS設定変更、ブート、OSインストール」のトライに疲れました。

マザーボードにソフトウェアRAIDのチップが載っていて、それがどのレイヤで抽象化しているのかよくわからず。。。

BIOS(EUFI)に設定項目があるので設定したのにも関わらず、OS上からは各物理HDDが見えたりしたり、mdadmで管理できるのかできないのかもよくわかりません。

同じようにハマっている人が見当たらないので初期不良かもしれませんが、正しい動作が何なのんかよくわからないのでトラブルシュートが大変です。

トラブルシュートをしている最中にもMSIのRaidが勝手に外れたり、リビルドが終わらなかったり、不安定で大変でした。

1点、収穫はHDDのシグネチャが設定されていることによって、HDDがBIOSレベルでは見えるけど、OSレベルからは見られない事象が発生していたこと。

試したOSは、
Debian 10 netinst
Ubuntu 19 server
Ubuntu 18 server
Ubuntu 16 server

例えば、以下のような感じ。

OSによってはディスクのパーティションを設定する際にディスク自体が見えなかったりします。
BIOSでRAIDではなくAHCIに変更してもエラーが出ます。

以下に色々試した結果を貼っておきます

おそらく24時間以上時間を使った気がします。


matsubokkuri

マインディアにてCTOをしています。

あわせて読みたい

コメントを残す