Wi-Fi6を導入してみたら590Mbps出た!

概要

  • WiFi6 (IEEE 802.11ax) 対応端末が登場してきたので試してみました。
  • そもそもWiFi6に対応している端末は、iPhone 11しか持っていないので、あんまり意味は無いですが今後のためということで。
  • Linux上でのネットワークパフォーマンスを測定するためにはiperf3が良さそうです。iperfのバージョン2もありますが、3だとuplinkとdownlinkを勝手に測定してくれます。

Wi-Fi6のアクセスポイント設定

買った機材はこちら。安いし、最近コスパが良いから買いまくっているTP-LINKです。悲しいのは、MAP-Eに対応していないこと。。。。ルーターとしてはあと1歩頑張ってほしい。

TP-Link WiFi 無線LANルーター Wi-Fi6 11AX AX1500 1201 300Mbps 1.5 GHz トリプルコアCPU Archer AX10/A 3年保証

新品価格
¥8,000から
(2020/5/21 22:15時点)

こんな感じでかんたんな統計情報も出ます。

WiFi Explorer Liteで見てみた感じはこちら。設定は基本的にデフォルトです。帯域をかなり占領しております。家の周辺にはWi-Fi 6に対応したアクセスポイントは見当たりません!一番乗り。

テスト

まず、ベンチマーク先であるノードへの有線LANがボトルネックにならないかを確認します。一応理論上WiFi6は現時点で1200Mbps出るらしいので。

Wired Ethernet (1000Mbps)のベンチマーク。実測943Mbpsぐらいです。

参考までに、macbook pro 2019から5GHzのWiFi経由でアクセスした場合は、スループットは上下約165Mbps程度です。(これはこれで。なんか遅いです)

遮蔽物がある、10mぐらい離れた場所では70Mbpsぐらいになってしまいます。

お待ちかねのWiFi6ベンチマーク

では、WiFi6対応のiPhone 11で試してみます。iperf3プロトコルに対応したiPerfというアプリを使ってベンチマークをします。

結果は、上り246Mbps下り492Mbpsとのこと。測定環境は、アクセスポイントから30cmぐらい離れたところで数回行い、速度が安定していることを確認しました。

まとめ

  • WiFiがボトルネックとなるような環境では、導入しても良いかと思います。
  • 最近では、インターネット回線が200Mbps以上出るのでWiFiがボトルネックとなる場合が多くなりそうです。

コメントを残す