RTX830でv6プラスを設定 (IPoE MAP-E)

環境

  • 建物がVDSLなので100Mbpsまでしかでない。。。
  • PPPoEだとレイテンシーが遅かったり、ピークタイムでは10Mbps程度しか出ませんでした。
  • v6プラスに対応するためにはIPoEしかも、MAP-Eに対応した機材が必要だったので比較的新しくて、しかも一部の機種にしか付いていない機能なので以前と同じRTX1200に似たように設定したいのでYAMAHA RTX830を買いました。
  • ひかり電話は未契約

IPoE設定前

  • IPv4は普通のPPPoEです。

http://kiriwake.jpne.co.jp/v/

https://www.speedtest.net/ 深夜に測ったので速度は速いです。しかし帯域は若干不安定な感じのグラフがでています。

Googleのpublic DNSへのpingはだいたいaverage 20ms程度。

IPoE設定後

IPアドレスはプロバイダではなく、ネットワークイネイブラーのIPアドレスになっています。このIPアドレスはNAPTされていて、複数の人によって使い回されています。

帯域のグラフがとても安定しています。速度もPPPoEより少し速いです。

Googleのpublic DNSへのpingが10ms以下に収まっていてWebの閲覧をしている時の反応が良い感じになりました。

RTX830のMAP-E設定後の画面

番外編

IPv6では100Mbpsきっちり出ることもあります。

また、自宅サーバを運用する場合はMAP-EされたIPv4のアドレスは使えません。(他の人によって共有されているNAPTのホストなので)。よって、残念ですが自宅サーバはPPPoEのIPv4アドレスを使います。

IPoEで固定IPアドレスを振ってくれるサービスがありますが、月に3000円ぐらいするので。。。

自宅の回線をIPv6対応するときに必要になる基礎知識がちゃんと書かれた本

zabbixでトラフィックを監視

最近思うことは、帯域よりlatencyのほうが重要な感じです。

昨今のアプリケーションはリアルタイム性が求められるユースケースが増えてきました。例えばテレカン、SSH、ゲーム。

動画や音楽はキューイングされるので体感的にはあまり重要ではない気がします。

一般的には帯域が出るってことは、latencyも低いので一緒に扱われてしまいそうです。

RTX830 zabbix

コメントを残す