LINEのWebMoney詐欺師のIPアドレス判明。なんと日本!

概要

知り合いのLINEアカウントがクラックされて、WebMoneyを要求してきたので、犯人のIPアドレスを割り出して見ました。

とりあえずは、WebMoneyを買いたい人を装って、ノリノリでリプライしていきます。

10003830_511691137808_7870701808275815748_o

相手は、中国人らしく、天安門事件と返信すると退席するという事例があるらしいので、IPアドレスを割り出したら、天安門事件とリプライしようと思ってました。

会話

10368391_511691227628_6793328312200426418_n

LINE電話したら、相手が操作を間違って取ることを願って、かけてみましたが、応答ありませんでした。(´・ω・`)
(しかも、ふざけてたら、「頼みます」と怒られた。。。)

10489672_511691382318_8847995553511807141_n

WebMoneyを買ったふりをして、写メをWebにアップロードしたと報告します。もちろん、それは嘘でIPアドレスを抜くためのWebページです。しかし、なかなか開いてくれません。

1932694_511691447188_2162515012321360227_o

まだ開きません。

10430478_511691586908_3830463912418740578_n

やっと開きました!しかし、開いてくれた途端、退出されました。
LINEの運営がアカウントを無効化したためです。ぎりぎり間に合って良かった!

Screenshot_7_6_14__0_38

最後の〆のために作った、天安門のページがお蔵入りになってしまって残念です。

IPを調べる

こちらが、犯人がアクセスしたアクセスログ。
IPアドレスは126.7.173.196
Windows7で、Chromeを使っている模様。
(HTTPヘッダも取っておけば良かったなぁと反省)

プロバイダはYahoo BBの様子。

軽くポートスキャンしてみると、VNCのポートが空いてる

そして、VNCのパスワードをクラックするためにncrackをしばらく動かしていたんだけど、どうやらVNCの時はちゃんと動いてくれない模様。

次に、hydra使って、有名どころのパスワードを一通り試してみましたが、一致せず。。。。

BruteForceかけるのもだるいので、これにておわり。

7月7日 追記

不正アクセス禁止法に該当するのでは?という指摘がありましたが、グレーなかんじ。

4  この法律において「不正アクセス行為」とは、次の各号のいずれかに該当する行為をいう。

一  アクセス制御機能を有する特定電子計算機に電気通信回線を通じて当該アクセス制御機能に係る他人の識別符号を入力して当該特定電子計算機を作動させ、当該アクセス制御機能により制限されている特定利用をし得る状態にさせる行為(当該アクセス制御機能を付加したアクセス管理者がするもの及び当該アクセス管理者又は当該識別符号に係る利用権者の承諾を得てするものを除く。)

二  アクセス制御機能を有する特定電子計算機に電気通信回線を通じて当該アクセス制御機能による特定利用の制限を免れることができる情報(識別符号であるものを除く。)又は指令を入力して当該特定電子計算機を作動させ、その制限されている特定利用をし得る状態にさせる行為(当該アクセス制御機能を付加したアクセス管理者がするもの及び当該アクセス管理者の承諾を得てするものを除く。次号において同じ。)

三  電気通信回線を介して接続された他の特定電子計算機が有するアクセス制御機能によりその特定利用を制限されている特定電子計算機に電気通信回線を通じてその制限を免れることができる情報又は指令を入力して当該特定電子計算機を作動させ、その制限されている特定利用をし得る状態にさせる行為

第四条  何人も、不正アクセス行為(第二条第四項第一号に該当するものに限る。第六条及び第十二条第二号において同じ。)の用に供する目的で、アクセス制御機能に係る他人の識別符号を取得してはならない。

東北大学のレポーティングでは、調査だけでは不正アクセスにならないようなことが書いてあります。
see: 4.1 ポートスキャン攻撃
http://www.tains.tohoku.ac.jp/news/st-news-21/2640.html

9月22日 追記

IPAのFAQによると、ポートスキャン自体は問題有りません。
http://www.ipa.go.jp/security/ciadr/faq01.html#Q0-12

Q0-12: ポートスキャンのような事前調査行為は法律に触れるでしょうか?
A0-12: 「不正アクセス行為の禁止等に関する法律」の施行によりポートスキャンが犯罪に相当することになるかどうかは微妙なところですが、スキャンそれ自体は該当しない可能性が大です。ポートスキャンやDoS攻撃によりマシンやネットワークへの障害が発生しているような場合には、別の法律に該当(威力業務妨害等)の可能性があります。

続編

LINEのWebMoney詐欺師のIPアドレスを割り出してみた【その2】へ。

できるポケット これからはじめる LINE 基本&活用ワザ[改訂新版]

新品価格
¥1,296から
(2016/10/3 10:59時点)


matsubokkuri

Please feel free to contact me via e-mail, twitter and facebook!

あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. 名無し より:

    おはようございます。
    面白い記事ですね^ ^
    自分も乗っ取りが来た時ようにipアドレスが分かるサイトを作成したいのですが詳しい作り方教えていただけませんか?

  2. はあさ より:

    その人新宿区の区役所で働いてるー笑笑

  1. -0001/11/30 月曜日

    […] ットワークへの障害が発生しているような場合には、別の法律に該当(威力業務妨害等)の可能性があります。 [引用元] LINEのWebMoney詐欺師のIPアドレスを割り出してみた – まつぼ x Web […]nn1

コメントを残す