Mercari Tech Conf 2018 自分用メモ

Mercari Tech Conf 2018

概要

自分用メモ

一般論な所は省き、mercariの特徴が出ている部分だけを書いてあります。

- 10:00 基調講演
  - Yuki Hamada (CPO)
    - テクノロジーで解決してきたこと
      - 商品画像認識
      - 規約違反商品検出
      - 重さ推定
    - テックカンパニー
      - テクノロジーで世の中を変える
      - 開発者が使えるテクノロジーを作り出す
    - 2020年までに1000人のエンジニアを採用する。
  - CTO
    - エンジニア
      - Oct 2018: 350
    - EM/PM体制
      - Engineering Manager
        - 採用、育成、配属、組織開発
      - Tech Lead
        - 技術、設計、想像、品質
  - US CTO
    - MLがんばっている
    - f(item)=> ML input matrix
      - genomeと呼んでいる
      - この概念を使って、予測とかいろいろやっている
  - merpay CTO
    - お金に替わる信用を蓄積する。
    - エスクローやっている
    - mercariX
      - ブロックチェーンでメルカリポイントのやりとりをする
      - 社内実験のみ
- 13:00 microservice
  - 1年前は1つ。今は19個。開発中は73個。
  - API gateway作ってすべてはそこを通すようにした。
  - GCP
    - Kubernetes。チーム毎にnamespaceを作る。
  - IaC
    - terraform
  - deploy tool
    - spinnaker
      - https://www.spinnaker.io/
  - SLI/SLOをサービス毎に設ける
  - Chaos Testing
- 16:00 microservice
  - トランザクションのbreakdown
    - 同期
    - 非同期
  - GraphQLのライブラリ
    - Go + gqlgen

その他

開始前。

席が広く、空調も快適です。

ブース。各プロジェクト毎に用意されており、いろいろ説明してくれます。

今半のお弁当。

飲み物と軽食

考察

  • 新しい技術が使えて楽しそうな環境。それと同時にレガシーコードとの戦いが大変そうな印象でした。
  • 絶賛microservice化中って感じ。
  • 月間の流通金額半端ないっす。

matsubokkuri

Please feel free to contact me via e-mail, twitter and facebook!

あわせて読みたい

コメントを残す