AWS LightsailでWordPressをホスティング

概要

  • とあるWordpressサイトをホスティングすることになりました。EC2よりLightsailの方がお手軽そうだし、Wordpressサーバの運用に拘りは余り無いから適当に構築して運用したい。
  • もちろんhttpsで。letsencryptを使った解説はたくさん見かけますが、AWS ACMのほうが楽です。
  • 予備知識として、Lightsailでのインスタンス構築方法はこちら
  • Lightsailは安いっぽいし↓

LightsailとEC2の違い

  • Lightsailが出た当初はインスタンスの機能しかなかったけど、色々付け加わったりしています。
  • 解説記事を読んでいると、EC2とLightsailでかつては共通で使えたような機能の記述があったりしますが、現在はほぼ完全に分断されています。2019年11月にインスタンスのイメージはLightsailからEC2に移動出来るようになったみたいです。。
EC2 vs Lightsail
lightsail instance
一番安いインスタンスサイズで、WordPressのテンプレから構築。東京に作られたみたい。
htop
結構Swapまで使ってしまっています。。。。MySQLが使いまくっている。(面倒だからチューニング無し)

仮想メモリは8割ぐらい使い切ってます。
物理メモリ溢れています。どういう初期設定しているのだ。。。。怒

$ free -m
              total        used        free      shared  buff/cache   available
Mem:            486         259           6          38         220         145
Swap:           634         385         249
lightsail database
データベースを作れるけれど、今回は面倒だからインスタンス内に立てておく
  • この辺りから、AWSの囲い込みが始まりました。ロードバランサを登録するためには、Route53ではなく、LightsailのDNS zoneを使う必要があります。
  • もちろん、ロードバランサはLightsail内のロードバランサでないとバランシング出来ません(昔はEC2からIP指定で出来たみたいですが今は出来なさそうです)
  • ロードバランサには、ACMの証明書を利用出来ます。
lightsail network
  • スナップショットはインスタンス毎にグループ分けされて表示されます。

ランニングコスト

  • $0.69/d = $20.7/30d
  • 1月2,200円ぐらいです。(初月無料キャンペーンは、昔遊んでいたときに使ってしまった様子。)

まとめ

  • Lightsailに色々足していけば、結局はEC2と同じような値段感になりました。EC2より若干安いかな。
  • 運用しだして24時間後になぜか5分ぐらい接続出来ない状態が発生しました。ロードバランサからLightsailのインスタンスのHTTP接続が出来なくなった模様。しかし、インスタンスは稼働していました。

matsubokkuri

Please feel free to contact me via e-mail, twitter and facebook!

あわせて読みたい

コメントを残す