コスパよくPCのリスニング環境を整える

完成図

概要

  • 自宅で作業するときは、SoundLink Miniで音楽を聞いていたのですが、長時間音楽を流していると耳が疲れてくるのでリスニング環境を見直しました。音楽鑑賞用じゃないのでモノラルというのも音の立体感がゼロなので悲しいです。
  • どうせなら、Hi-Res対応しておきたいです。
  • 全体的なパッケージで、これを買えばOKというのが無かったので書いてみます。
BOSE SoundLink Mini

必要そうなもの

基本的にmacos上でYouTubeやApple Musicの音源を再生するのでそもそもの音源の質が良くないので、そこそこ良い音が出れば良いという前提です。

  • USBDAC
  • スピーカー
  • インシュレーター
  • スピーカースタンド
  • スピーカーを接続するケーブル

USBDAC

TOPPING D10 MINI USB DAC CSS XMOS XU208 ES9018K2M OPA2134オーディオアンプ・デコーダ(黒色)

  • 1万円未満でPCM384kHz / 32bitとDSD256に対応するのが良い。
  • Web上で評判が良いです。
  • USBケーブルの品質も影響するとか書いてあって、よくわからんです。デジタルデータの訂正符号無しのデータが流れているのであれば重要になるか。。。
TOPPING D10
TOPPING D10

1点、MIDIの設定画面(Audio MIDI Setupアプリ

)で転送ビットレートの設定をしておかないと本領を発揮できません。デフォルトは48kHzになってしまっています。

TOPPING D10 MIDI setting
スピーカー配置も変えられるようですが、ステレオでは何も変えられない感じです。左右のスピーカーテストを一応行う程度のもの
ついでに、Mac本体のアナログ出力のサンプリングレートも変更しておきます。デフォルトでは低いです。これを設定しないと音の解像度が低いです。

スピーカー

  • YAMAHA MSP3
  • ヤフオクなどで2本セットで1万5千円ぐらいです。
  • MSP5を視聴した時に感動したので、1サイズ小さいサイズです。

YAMAHAの定番中の定番であるモニタースピーカーで有名ですね。
サイズは小さいながらもながら20Wの出力で自宅などのDTM環境では十分なパワーが出せる能力を持っています。
コストパフォーマンスが非常に高いモニタースピーカーで多くの人が利用していることから最初に選ぶモニタースピーカーとしては十分すぎるでしょう。

https://otokake.com/matome/Nftiug?page=4
YAMAHA MSP3

インシュレーター

スピーカースタンド

スピーカーケーブル

まとめ

  • 音響関係って、実際に聞いてみないとよくわからないから難しいです。そして、調べれば調べるほど奥が深いです。
  • スピーカーまでHi-Res対応のリスニング環境はできました。
  • ノイズは無し。全音域できれいに出ています。音量を大きくしても音割れやこもりは無いです。打ち込み系の音楽をメインに聞いていたら、ちょっと物足りない感じです。オーケストラ系の音はとても綺麗に聞こえます。
  • 定位もしっかりしていて、明確に特定の場所から音が発せられていることを感じられます。
  • やっぱりもっと低音がほしいから大きめのMSP5でもよかったかも。しばらく耳をMSP3になれさせてから考える。
  • https://www.pastimedesignworks.com/2014/03/yamaha-hs7-msp5-msp3-adam-audio-a5x.html

余談

じゃあ、MSP3とMSP5でどのくらい特性が違うのかというのがわかる周波数特性。

YAMAHA MSP5 Frequency Response
YAMAHA MSP3 Frequency Response

30から40Hzあたりが抜けてしまっているのと、角度が同じなので全体的に重低音が低く出てしまう感じ。でも、このためにスピーカーの値段を2倍にする必要も無いかなと思います。

ということで、この周波数特性見た上で、低音の弱さを補うためにiTunesのエコライザーは以下のように調整しました。

追記

やはり、MSP3だと低音が物足りなく感じてしまったのでMSP5を買いました。やっぱりこのぐらい大きくないと低音は出ないですね。

MSP3だとサブウーファーが必要な感じでしたが、MSP5だと単体で十分な低音が出ます。結構あちこちのサイトではMSP3がお勧めされていますが、私はMSP3はお勧めしません。買うなら断然MSP5が良いです。

2020年3月24日 追記

YAMAHA MSP5 Studioを1年使ってみたので感想を書いておきます。とりあえず、MSP5 Studioは最高です。低音から高音まできれいに出ます。簡易的なエコライザも付いていて良いです。買って損は逸品です。

しかし、リスニング環境には注意です。私はデスクトップスピーカーとして使っていますが、スピーカーと耳の距離が1.5m以上離れていないと重低音が聞こえてきません。

音の周波数の関係だとは思いますが、スピーカーから1.5m以上離れないと重低音がきれいに聞こえてきません。なのでPCスピーカーとして使うには耳との距離がある程度取れないと厳しいです。

左右に壁が合ったときにはこのような問題は起きませんでした。おそらく反響して1.5mぐらい取れていたのだと思います。

こちらに詳しい方のコメントがありました。まさにこの通りだと思います。

いや、MSP3とMSP5は、音の傾向は近いですけど、実際鳴らせば、誰が聞いても(特に耳の良い人でなくたって)わかるくらいに、MSP5の方が音質感は良いですよ。 確かに、音質感が違う大きな点は、口径とパワーが大きいMSP5の方が、中低域以下の再現性がよいからで、高音域はあんまりかわらんと言われるとそのとおり…という面はありますが、とにかくトータルの音質感はMSP5の方が実力的にずっと上です。

だから、質問者の知人の方がMSP5を推すということは、非常によくわかります。 ただ、問題は…質問者もお気づきの通りで >部屋は結構狭いです。防音対策もされていません。スピーカーを置く場合自分との距離は1mもないです。 となってくると、MSP3の方が妥当です。

上記の、MSP5の「強み」を活かそうと思ったら、ある程度は音量を上げないと、かえってちょっとショボ目の音になってしまいます。 そうなると、普通はリスニング位置から最低1m後半~2m程度の距離は欲しいところ。 1m未満で、MSP5の性能が活きる音量にすると、かなりやかましいです。 防音室なら、あえてその音量も有りですが(難聴になるほどの大音量ではないので)、私もそうですけど一般家屋ではツライ物がある。

私の自宅作業場も、1m弱しか確保できないので… その距離では、MSP5が十分に活きないので、MSP3の方がセッティングがずっと楽で確実です。 MSP3は、重低音域は十分に出ませんので、そこだけは妥協です。 MSP3~5~7は、環境の広さによって使い分けるモデル設定だと思ったらよろしいです。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11108516796

MSP3だと低音が不十分。MSP5だと距離が取れない。。。。なのでMSP3+サブウーファーを使うか、他のラインナップを選ぶことになるかなと思います。

SNSのフォローもよろしくお願いします!

コメントを残す